京のカフェ:一乗寺あたり

 


8ヶ月ぶりの京都。

 

 

お寺巡りはほどぼどに、

 

今回はカフェ三昧の滞在となりました。

 

叡山電鉄一乗寺駅からトコトコ歩いて、

 

アカツキコーヒーへ。

 

f:id:mineray:20170711114456j:image

評判通り青い小さいドアが印象的。

 

ちょうど朝イチのお客さんが入れ替わるタイミングだったらしく、

ゆったりとくつろげる雰囲気。

 

4人掛けのテーブルが2つに、

2人掛けテーブルが3つ、4つだったかな。

カウンター席が3つほど。

 

 こんな時間から(午前10時)どうかと一瞬迷うも、

事前にチェックしていた「レモンパフェ」をオーダー。

今の時期しかやっていないらしいので。


f:id:mineray:20170714102015j:image

甘さと酸っぱさ、

ふわふわとサクサク、

味と食感、両方でそれぞれ違った味わい方が愉しめる一品。

 

クッキー,メレンゲ,バニラアイスクリーム,レモン味のジュレ,などなど。

 

小ぶりなグラスだったけれど,

思いのほかボリュームがある。

 

ブレンドコーヒーとセットにしたので1,080円だった。 

 

 

コーヒーはあっさりめで,

 

今流行の『サードウェーブ』系に似たさっぱりした酸味のある味。

 

常連客との会話から洩れ聞こえたところによれば、

マスターはあまり苦みのある味はお好きでは無いようだ。

 

私はどちらかというともう少しコクと苦みのある味がタイプなので、

次回はブレンド以外を試してみようと思う。 

 

 

続いて向かったのはコーヒーと定食 つばめ。


f:id:mineray:20170714102058j:image

定食ランチがウリなのに、

パフェでまだおなかは落ち着かない。

 

辛うじてデザートだけいただくことにした。

 

 


f:id:mineray:20170714102132j:image

プラムとローズマリーのタルト。

 

かなりの甘酸っぱさが 先に立つ、

大人な一品。

 

珈琲は深めな味わいで、

 

アカツキコーヒーより好み。

 

カップが金継ぎしてあったのが、

好ましく思えた。